特定までの最短手段(DNA解析対応)

〜異物の混入にお困りのご担当者様へ〜

異物検査について

異物検査センターでは、製品やパッケージ、もしくは梱包時に混入した異物や付着物に対して、どんな状態でもその物質を判別及び特定いたします。

ただし、検査に必要な最低限の試料が取得できる場合や検体が著しく劣化していない場合に限ります。

異物混入への対応策 〜ソリューションについて〜

当社では、下記のような異物混入対策のご提案を行っております。

【ご相談例】

混入経路対策

混入経路対策

製品やパッケージへの異物混入が後を断たないため、抜本的な対策を講じたい。

クレーム処理

クレーム処理

使用機器や資材のデータベースを構築しクレームへ迅速かつ適切に対応したい。

調査体制の確立

調査体制の確立

ヒトや生物に由来する異物に対して、自社で検査できる体制を整えたい。

上記のようなお悩みやDNA検査技術を用いた混入異物対策の体制構築をお考えの企業様は、お気軽に当社までお問い合わせください。

お知らせ

2024/01/11 誠に勝手ながら、下記サービスにつきまして、提供を終了いたします。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

  ・原材料純度確認検査
  ・微生物叢検査
2023/12/06 年末年始の営業体制について
誠に勝手ながら、下記の期間を全社一斉の休業日といたします。休業期間前後のご依頼・ご発注は、ご報告予定日、納品日にご注意ください。

<休業期間>
2023年12月28日(木)~2024年01月04日(木)

<試薬類出荷スケジュール>
年内出荷最終出荷日 12月19日(火)
年内の納品をご希望の場合は、2023年12月13日(水)までに発注書をお送りください。12月14日(水)以降の発注書受領分は、01月09日(火)以降の出荷となります。

<受託検査サービス>
休業前の検体受取は、12月27日(水)午前中までといたします。
ご依頼の際は時間帯指定(午前中)をご利用ください。
2023/12/06 一般社団法人 検査技能検定協会主催の各種講座、検定試験につきまして、開催日程を追加いたしました。

異物鑑定団 技術セミナー
味覚スペシャリスト養成講座
異物検査スペシャリスト検定
2023/12/04 お米鑑定団ver.4検査可能品種リストを、令和5年版に更新いたしました。
2023/11/21 食品検査センターの検査ご依頼書ならびに検査試薬発注書フォーマットの改訂を行いました。お手元に保存しているフォーマットがございましたら、差し替えいただき、最新のものをご利用くださいますようお願いいたします。
ご依頼書・検査試薬発注書のダウンロードは、こちらから。

全てのお知らせを見る

パブリシティ

2023/04/10 テレビ西日本/報道ワイド記者のチカラ「ニュースの現場 学校給食アレルギー対策は」
2023/04/10 農経新報社/農経しんぽう「大豆の遺伝子組換え検査 新表示制度に対応」
2023/04/05 食品産業新聞社/米麦日報「異物検査スタートプログラムのe−ラーニング登場」
2023/04/05 食品産業新聞社/米麦日報「非GMO大豆加工品の任意表示制度に対応、新検査スタート」
2023/03/29 日本食糧新聞社/日本食糧新聞「くるみ検査受託開始 アレルゲン表示義務化で」

全てのパブリシティを見る

料金はすべて税別価格です。上記料金に別途消費税が加算されます。
ご依頼の前に、検査業務規約をご確認ください。

異物検査のビジョンバイオ

↑