特定までの最短手段(DNA解析対応)

〜異物の混入にお困りのご担当者様へ〜

異物検査について

異物検査センターでは、製品やパッケージ、もしくは梱包時に混入した異物や付着物に対して、どんな状態でもその物質を判別及び特定いたします。

ただし、検査に必要な最低限の試料が取得できる場合や検体が著しく劣化していない場合に限ります。

おかげさまで25周年

異物混入への対応策 〜ソリューションについて〜

当社では、下記のような異物混入対策のご提案を行っております。

【ご相談例】

混入経路対策

混入経路対策

製品やパッケージへの異物混入が後を断たないため、抜本的な対策を講じたい。

クレーム処理

クレーム処理

使用機器や資材のデータベースを構築しクレームへ迅速かつ適切に対応したい。

調査体制の確立

調査体制の確立

ヒトや生物に由来する異物に対して、自社で検査できる体制を整えたい。

上記のようなお悩みやDNA検査技術を用いた混入異物対策の体制構築をお考えの企業様は、お気軽に当社までお問い合わせください。

お知らせ

2022/11/18 味覚スペシャリスト養成講座アドバンスドコースの受付を開始しました。アドバンスドコースの開講を記念して、期間限定の特別キャンペーン実施中です。詳しくは、味覚スペシャリスト養成講座のページをご覧ください。
2022/10/11 食品検査センターにて「遺伝子組換え検査(公定法対応)」のサービスを開始しました。
2022/09/14 米品種判別検査(DNA鑑定)の価格・検査日数を一部改訂いたします。詳しくは、米品種判別検査(DNA鑑定)の「料金と検査期間」のページをご覧ください。
2022/08/08 食物アレルギー簡易検査キットのうち、「ナノトラップProⅡ(株式会社 森永生科学研究所)」がリニューアルされました。詳細は、株式会社 森永生科学研究所が通知している、ナノトラップProⅡ リニューアルのご案内をご覧ください。
2022/07/25 【イネ葉限定】期間限定特別価格
圃場に発生した異型のDNA検査を、期間限定の特別価格で提供いたしております。トラブル解決にお役立てください。

対象検査:品種特定検査(イネ葉) ≪最大40%OFF≫
期間:2022年09月30日弊社受領分までに適用

全てのお知らせを見る

パブリシティ

2022/10/19 日本食糧新聞社/日本食糧新聞「受託検査スタート GM大豆新表示制度に対応」
2022/10/07 食品産業新聞社/米麦日報「遺伝子組換え大豆の表示基準に即した検査開始」
2022/08/19 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社/健康産業速報「ビジョンバイオ、輸出向け食品検査サービス強化」
2022/07/26 食品産業新聞社/米麦日報「圃場の異型株を『葉』でチェック、料金最大40%OFFで提供」
2022/07/11 一般社団法人農協協会/農業業同組合新聞「食品の味・おいしさの評価法を学ぶ『味覚スペシャリスト養成講座』開講 検査技能検定協会」

全てのパブリシティを見る

料金はすべて税別価格です。上記料金に別途消費税が加算されます。
ご依頼の前に、検査業務規約をご確認ください。

異物検査のビジョンバイオ

↑